誹謗中傷の対処法

インターネットの普及により、生活は便利になり、今やインターネットは
我々の生活には欠かせないものとなりました。

しかしながら、インターネット上のトラブルは、年々増加傾向にあります。
スマートフォンの影響もあり、今やインターネット利用者は全体の80%に及ぶそうです。

警察庁の統計によると、名誉毀損、誹謗中傷等に関する相談件数は、2005年に5782件だったのが、
09年には1万1557件と倍近くになっています。

多いのは、「2ちゃんねる」、個人のブログ、「ツイッター」などでの誹謗中傷やプライバシー侵害行為です。有名人でなくとも、悪口を書かれたり、伏字だけれどもわかる人にはわかるような誹謗中傷を
されるケースもあります。

「ミクシィ」や「フェイスブック」といったSNSサイトでのなりすましに関する問題もあります。
自分になりすまして、ウソの書き込みをされたりプライベートな写真をアップされたりするケースです。

対処方法はいくつかありますが、1つ有効なのは気にしないこと、無視することです。

ツイッターやSNSの場合、特定の人から自分のサイトを見られないようにブロックできますし、
自分も見ないようにする。そのうち向こうも飽きてやめることも多いのです。

誹謗中傷は訴えれるのか人は何故、誹謗中層をするのか?